MENU

キズや凹みはさほど、”足かせ”になりません

 

自動車の傷や凹み

 

「ミラーをこすった跡がある・」
「バックで凹ませ部分がある」

 

取るべき行動は2つです。

 

  1. 修理に出してから、車査定に出す
  2. 修理する前に、車査定に出す

 

結論から言うと、修理に出さずに、そのまま車査定に出しましょう!

 

なぜ?修理に出さないほうがいい?

 

ほとんどの買取店が自社で修理をするため、キズや凹みの修理を安くできるからです。

 

※修理代 VS キズ凹みのマイナス査定 となった場合、修理代の方が高くなる恐れがあります。

 

また、板金工場などに修理をお願いすることで、売却までの期間が遅くなります。

 

 

買取店によって、キズや凹みは甘く見てくれる?!

 

例えば、大き目のキズであってもA店はキッチリ減額にする、一方B店は見逃してくれる、など様々です。

 

 

究極の奥義で愛車を売るには?

 

車を高く売るための、大原則は”競争原理”です。

 

そこで、ネット上の一括見積サイトを利用し、無料で複数の買取店へ査定依頼をしましょう。

 

「よし、じゃあ、さっそく一括査定サイトに登録してみようか」

 

呼び止める女性

 

ちょっと待ってください!

 

実は、一括査定サイトは1つだけでなく、3つあり、それぞれ加盟している買取店が異なります。

 

【車の一括見積サイト】

  1. かんたん車査定ガイド(※無料)
  2. カーセンサー(※無料)
  3. 楽天オート(※無料)

 

極限まで愛車の査定額をアップさせたい!
のであれば、一括査定サイトも複数利用しましょう!

 

それぞれ特色があり、例えばかんたん車査定ガイドは大手有名店が多く、カーセンサーは地元系密着系のい店舗が多く加盟しています。

 

つまり、一括見積サイトも複数利用することで、より価格競争が激しくなり、高額査定の確率がグンッをアップします!

 

登録は手間がかかりますが・・・

 

「3つも登録?!面倒くさいな・・・」

 

確かにその通りです(汗)

 

ですが、わずか8分程度の入力で、数十万円以上高く売れる売れる可能性があるため、試す価値はあると思います。

 

もちろん、一括査定サイトの利用料金はすべて無料ですし、万が一提示額に満足できなければ見送ることも可能です。

 

このサイトがきっかけで、あなたの車が少しでも高く売れることを期待しております!

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

楽天オート(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

https://auto.rakuten.co.jp

 

 


中古車のコラム@:車のキズや凹み!どうしてできるの?原因は?

 

何気なく自分の車を見た時に、少し前にはなかった細かいキズや凹みができているのに気がついた経験がある人は多いでしょう。

 

 

実は、車のキズや凹みはどんなにできないように注意していても、使用しているうちに必ず生じます。

 

車のキズや凹みが生じるのはどうしてか、その原因は1つとは限りません。例えば、走行中に道路上に転がっている砂利や小石が跳ね上げられた結果、車体に当たってキズになることがあります。

 

これには自分の車が石を跳ね上げるケースと、周りで走っている車から石が飛んでくるケースがあり、使用しているうちは避けることができないものです。

 

また、いつの間にかキズができやすいのがドアの取手です。これは、取手をつかむときに爪が車体に触れることが主な原因で、キズをつけないようにするには爪を短くするかキズ防止シートを使うしか無く
、回避するのはとても難しいことです。

 

この他にも、自分で洗車をしているときにブラシで車体表面についている砂利をこすってしまったり、ワックスを誤った方法で使用してしまったがゆえにキズがつくこともあります。

 

車にキズや凹みができたとき、細かいものであればカー用品店のキズ消しグッズで目立たなくさせることができるので、気になるのであれば手に入れて使用すると良いでしょう。

 

 

中古車のコラムA:車の寿命!何年くらい乗れるの?!

 

車の寿命ですが、何年くらい乗れるものなのでしょうか。この質問をすると、長くても10年くらいが限度かなという答えをする人は多いでしょう。

 

いや自分は4年から5年くらいで買い換えているという人もいるかもしれません。

 

ですがこれはどうやら日本特有の話のようです。世界に目を向けると、それこそ20年、30年と走っている車は別に珍しくありません。

 

これは何も発展途上国での話ではありません。欧米など先進国であってもそのような車の比率は日本と比べれば明らかに多いことでしょう。

 

これは何も欧米の車が頑丈で長持ちし、日本の車はチャチで壊れやすいからというような理由では決してありません。
むしろその逆です。車そのものを考えた場合、品質面では間違いなく日本は世界の中でもトップクラスであり、それは世界中が認めています。

 

なのにどうして日本では車の寿命が短いのかというと、車そのものではなく車に対する人の考え方の違いによるといわれています。

 

海外では車は必要に応じて常に修理やメンテナンスを行い、もうどうしようもなくなるまで乗るものと考える人も多いです。一方で日本ではそういう考えの人は少数派で、ちょっとでもガタが来たらもう寿命かなと考える人が多いのです。

 

 

 

 

TOPへ

 

 

車買取の疑問について

 

車買取の受付の人

 

車の下取りと買取の違いとは?

 

下取りと買取は結果的にあまり変わらないと考えている人も多いものですが、両者には大きな違いがあります。基本的に下取りの場合には販売店等が車を購入する際に現在乗っているものを処分しその対価を新たに購入する際の代金から値引きすると言う形が多く、その費用については非常に不明瞭な部分があります。一方買取の場合には査定を行いしっかりとした買取価格を提示してくれるので、判断がしやすいと言う面があります。
下取りをしてもらう方が面倒な手続き等の手間がなく便利だと言う人も多いのですが、多くの販売店は下取りをした車をオークションに出すことが多いため、それほど高い値がつかないのが一般的です。古い車の場合には本来処分費用がかかるけれど車を買ってもらうので無料にしますと言う場合も少なくありません。しかし、買取の場合には業者によっては自社で販売することも考えることが多いため、丁寧に細かいところまで査定を行相応の価格を提示してくれることが多く、買取の方が総合的に高く売却できる可能性が高いのです。
そのため最近では新たな車を購入する場合であっても販売店の下取りを利用せずに買取店に売却し、そのお金を新たな車の購入資金に充てると言う人が増えています。多くの場合にはそのほうがより安く車を購入することができるのです。

 

 

バンパーの凹み!修理代はだいたいどれくらい?

 

車同士の追突事故、電柱やガードレールなどにぶつかったりするなどで、車のバンパーに凹みが出来てしまうことがあります。単独事故などの場合自分で治す手配をしますが、修理代がいくらくらいかかるのか心配になります。車のバンパーの凹みを修理する場合、治すところ、治し方によって金額も全く違ってきます。自動車メーカーなど、ディーラーに持って行った場合には、基本的にバンパーに凹みが出来た場合、交換を勧められます。交換の場合には車種などにもよりますが、一般車で大抵工賃なども含め20万円程が掛かります。また、交換の場合には時間も掛かります。メーカーの工場に発注し、その車の塗料を塗ってからの交換となるので、1週間程掛かります。連休などがある場合などは2週間程掛かることも良くあります。近所の板金屋などにお願いする場合、凹みは、板金で治すことになります。交換と違って、叩いて治すことになるので、完全にきれいな仕上がりにならない場合もあります。ディーラーなどの交換と違って、板金の場合は金額が安いです。交換の1/4~半分以下の金額で治すことができます。また、修理期間も早いことが挙げられます。小さな凹みであれば、その日一日で修繕できてしまうこともあります。

 

車の小さなキズや線傷は減額対象になるの?

 

車が「最も高い価値を持っている状態」といえるのは、「製造されている途中」です。完成品はその時点で価値がピークに達しますが、完成後1秒でも時間が過ぎた段階で価値が下がってしまいます。なので、新車を注文して手元に届いたころには価値が随分と下がってしまっていて、購入翌日に売却した場合でも新車価格の95%以下の価値しか持たない状態になってしまいます。

 

新車の状態でも価値が下がるわけですから、当然ながら少しでも個人利用した場合はさらに価値が下がってしまいます。これは、単純に「誰かが乗った」という事実が転売時にネックになるためですが、当然ながら車の小さなキズ(線傷、飛び石など)も減額対象になります。

 

自動車を使用していると避けることができない「飛び石」「砂」などによってできる細かい傷は、ボディー全体をフィルムで保護しない限り防ぐことはできません。仮に全体を保護フィルムで覆ったとしても飛び石による細かいへこみなどは完全に防ぐことはできませんが、それでも確実に減額の対象にはなります。

 

ただ、これは「傷がある」という理由での減額よりも、「使用された」という事実による減額と考えた方が無難です。「セカンドオーナー以下」という状況だからこそ、どんどん価値が下がってしまうわけです。

 

一括査定 VS 買取店へ持ち込み@どっちがオトク?

 

「車の一括査定と買取店への持ち込みはどっちがオトクなのか」を判断するためには、「どの車」を「どのような状態」で「どこ」で査定を受けるのかが大きく関係してきます。たとえば、現状ある選択肢の中で最も高額売却の可能性が高いとされているのは「一括査定」です。しかし、この理由は「複数の買い取り査定結果を比較することによって最も高い価格を選択できる」というものであり、そのために必要な時間や労力といったコストは考慮されていません。

 

複数の選択肢に対応するだけの時間と労力を投資することができる場合ならば良いのですが、そういった余裕がない状態であればあらかじめ厳選した買い取り業者に査定を依頼することになります。当然、多くの選択肢から比較して選べる環境の方が良い結果を得やすくなりますが、そのために半月〜1か月ほどの時間がかかってしまえばコスト的な意味で得をしているとは言えなくなってしまうこともあります。

 

「お得感」を優先する場合は、まず方法による違いを正しく理解することが必要です。すべての方法はメリットとデメリットが存在していて、そこから得られるベネフィットにも明確な違いがあることを理解し、適切な方法を選択することが必要です。

 

 

車買取査定は車検前・車検後、どっちがいい?

 

車買取査定は受けるタイミングによっても損得が変わってくるので、変わりやすいタイミングをしっかりと抑えておくことが大切です。

 

損得が変わりやすいタイミングとしては、車検の前後がありますが車買取査定を受けるなら車検前・車検後、どっちがいいかというとこれは車検前になります。

 

単純な査定額を比較してみると、車検後のほうが上になるのですが損得で言うと車検前のほうが有利です。

 

車検を通すにはお金がかかるわけで、車検後に査定を受けるのであれば費用以上に査定額がアップしなければ損をしてしまうことになります。

 

しかし、現実的には車検後に車買取査定を受けたとして車検にかかった費用以上に査定額がアップするということはありませんから、手間とお金をかけて車検を通してから査定を受けるよりも車検前に査定を受けて売ってしまったほうが良いということになるのです。

 

車検の残り期限と車の状態の良し悪しというのは関係ありませんから、査定の影響というのもそれほど大きなものはありません。

 

残り期限が短いよりはあったほうが良いというレベルですから、わざわざ車検後に車買取査定を受けるというほどでもないので、車検の時期がせまってきている車を売るときには注意をしましょう。

 

 

車の一括査定サイトのメリット&デメリットとは?

 

車買取査定は受けるタイミングによっても損得が変わってくるので、変わりやすいタイミングをしっかりと抑えておくことが大切です。

 

損得が変わりやすいタイミングとしては、車検の前後がありますが車買取査定を受けるなら車検前・車検後、どっちがいいかというとこれは車検前になります。

 

 

単純な査定額を比較してみると、車検後のほうが上になるのですが損得で言うと車検前のほうが有利です。

 

車検を通すにはお金がかかるわけで、車検後に査定を受けるのであれば費用以上に査定額がアップしなければ損をしてしまうことになります。

 

しかし、現実的には車検後に車買取査定を受けたとして車検にかかった費用以上に査定額がアップするということはありませんから、手間とお金をかけて車検を通してから査定を受けるよりも車検前に査定を受けて売ってしまったほうが良いということになるのです。

 

車検の残り期限と車の状態の良し悪しというのは関係ありませんから、査定の影響というのもそれほど大きなものはありません。

 

残り期限が短いよりはあったほうが良いというレベルですから、わざわざ車検後に車買取査定を受けるというほどでもないので、車検の時期がせまってきている車を売るときには注意をしましょう。